本文へ移動

構造体

構造体

構造体には集成材を使用

1⃣寸法の狂い、収縮が少ない
集成材の含水率は15%以下。反り、割れが少なく、寸法精度に優れています。
2⃣天然木に対して1.5倍の強度
積層による品質の均一化により、天然木に比べて、強度はおおよそ1.5倍。
単位重量での比較では、鉄やコンクリートの4倍から5倍の強度。
軽くて丈夫な製品です。
3⃣木の良さが生きている
木のすばらしさは、その断熱性や調湿性などの優れた能力はもちろん、
くらしに安らぎと潤いをもたらしてくれる天然素材であることだといえます。
集成材にもその力は生きています。

HSフレームシステム

HSフレームシステムを用いた金物構法では、接合金物が木材内部に収まり、木造建築本来の美しさを
損ないません。また、接合部の断面欠損を最小限にすることで、接合部強度を大幅に向上。
洗練された設計で部品数も少なく、従来の木造軸組構法と同様の手順で、より簡単に高精度の施工を
行うことができます。

鉄筋コンクリート基礎

基礎の幅は150mm。
頑丈な鉄筋コンクリート基礎が建物をしっかりと支えます。
株式会社甲谷建設
〒063-0850
北海道札幌市西区八軒十条西12丁目5番28号
TEL.011-621-0295
FAX.011-621-0299
TOPへ戻る